猫を見ながら酒を飲み日々思うこと

  日常思うこと、特にメンタル、親子関係、人間関係についてを綴っています。人生を豊かに楽しくすることを探求していきたいです。

スポンサーリンク

好きなことを共有し共感する

皆さんは子どもの頃にこんな経験をしたことはありませんか?

 

 

好きな漫画を読んでいたら、

 

「そんなことをしていないで勉強しなさい」

 

と親から言われる。

 

 

自分の好きなものを買ったら、

 

「またそんなくだらないものに無駄遣いして」

 

と否定されてしまった、などなど。

 

 

 

私はよく親から言われていました。

 

その度になんだか寂しい気持ちになったのを覚えています。

 

なぜ自分の好きなことを理解してくれないのだろう?

 

なぜ否定されなければならないのだろう? と。

 

 

好きなことを一緒に楽しんでくれたら、とても嬉しかったのではないか? と思います。

 

 

 


私には高校生の娘がいます。

 

娘はとても多趣味な子で、好きなことをいろいろ楽しんでいます。

 

ファッションにメイク、アイドル、ゲームや漫画や本、YouTubeの鑑賞、などなどここでは書ききれないほど好きなものが多い子です。

 

その趣味の話を私に楽しそうに話してくれます。

 

そして私も一緒に楽しむように心がけています。

 

 

私も娘のおかげで、おそらく一人であったら知らなかったことであろうものを知ることが出来て良い意味で刺激になりますし、楽しいことも増えました。

 

 

娘と一緒にショッピングに行く時も、洋服やアクセサリー、メイク用品を見て「これ可愛いね!」「そうだね、可愛い!」と楽しみながら過ごします。

 

自分が可愛いと思ったものを共感されると嬉しいものですし、何より会話も弾んで楽しい時間を過ごすことが出来ます。

 

 

私自身、幼少期から母親と買い物に出かけても、母親はいつもつまらなそうな顔して笑顔を見せない性格でしたので、会話もまったく無く、ましてや買い物を楽しむ、ということをしなかった人なので、とても寂しくつまらなかったのを覚えています。

 

ですから私は娘にはそんな思いはしてほしくない思いが強く、何より大切な娘と過ごす時間は心から楽しいので、その時間を大事にしたいと思うのです。

 

 

 

自分の大切な人の好きなことに興味を示す。

 

とても重要なことだと思います。

 

私でしたら自分の好きなことを誰かに共感してもらえたり、共有してもらえたら、とても嬉しく思いますので、逆に自分の大切な人の好きなものは私自身も大切にしたいです。

 

 

このように意識的に行わなくても、自然と好きな人の好きなものには純粋に興味が湧いてくるものです。

 

もちろんどうしても自分に合わないものは無理はしませんし、私自身も無理強いはしません。

 

それぞれ自分の時間は限られているので、そこは上手く自分の心を調整しながら向き合います。

自分より相手を優先するあまり無理をしたり我慢をしたりすると負担に感じてしまうので、自分の心の余裕を保てるように折り合いをつけながら付き合うことが重要だと思います。

 

 

大切な人の好きなこと、好きなものを共有し共感する。

 

私はこれを大事にしたいです。

 

 

それは自分の視野を広げるきっかけにもなります。

 

自分一人では見つけられなかった新しい分野に触れる機会にもなるのです。

 

それを誰かと楽しめることが出来たら、それはとても素敵なことだと思うのです。

 

 

すべてを共有するのは無理ですが、大切なひとが楽しんでいることを共有し合えたら、お互い幸せになれますよね。

 

これからも楽しいことを増やしていきたいなぁ、と思います。

 

 

スポンサーリンク