猫を見ながら酒を飲み日々思うこと

  日常思うこと、特にメンタル、親子関係、人間関係についてを綴っています。人生を豊かに楽しくすることを探求していきたいです。

スポンサーリンク

これから結婚する女性たちに伝えたいこと ~シビアだけど大切な話~

「結婚」

 

 

あくまでも離婚経験のある私の考えなのですが、結婚とは「人生を共にする相手との契約」だと思っています。

 

こうはっきりと言葉にするとかなりドライと思われる方もいらっしゃるでしょうが、結婚は恋愛とは違います。

 

元々は他人である相手と生活、生涯を共にするのですから、何事もきれいごとでは済まされません。

 

結婚で失敗をした私からの多少のアドバイスを、興味のある方は読んでいただけると幸いです。

 

 

 

初めに申した通り、結婚は契約です。

 

婚姻届けは契約書だと認識しましょう。

 

まず、その契約書に判を押す前に必ず行ってほしいことがあります。

 


「相手の借金の有無の確認」です。

 

 

車や家のローンなど日常的に必要なものを除き、消費者金融などに借金があるかどうかは必ず確認しましょう。

借金の事実があった時点で、その結婚は諦めた方が良いです。

 

借金癖は一生治りません。

 

借金をする人間の「もう二度としない」を信用してはいけません。

 

確実にまた借金をします。

 


結婚生活において最も大事なお金の問題で信用出来ない人間と結婚してはいけません。

お金の苦労を一生背負い続けることになります。

 

特にギャンブルをする男性との結婚は絶対にやめましょう。

ギャンブル癖も一生治りません。

 

 

 

次に年収と家事分担の問題です。

いくら男女平等の世の中だと謳われていても、現実では女性が男性と同じ年収を得るのははるかに困難です。

相手が高年収の場合、あなたは幸運です。

「お金の余裕は心の余裕」ですから、まずお金の面では安心出来ますね。

 

しかし、現代は男性でも非正規雇用が多く、高年収である方は少ないかもしれません。

専業主婦になれるのは今の時代、なかなか難しいでしょう。

 

そうなってくると「夫婦共働き」という選択肢があがってきます。

 

その時に大切なのは「家事の分担」です。

 

これは結婚する前に必ず話し合っておきましょう。

 

料理や洗濯、掃除、食材や日用品の買い物、ごみの分別など様々な家事がありますが、夫婦どちらかに大きな負担がかからないよう、完全な分担をすることです。

家事というとどうしても女性側に負担がかかりがちです。

 

日常的なことで負担がかかり続けると不満がたまります。

 

「自分のことは自分で出来る男性」を選ぶことが望ましいでしょう。

 

 

 

趣味にお金をつぎ込む男性も要注意です。

 

趣味があるのは良いことですが、あきらかに度を越えたお金の使い方をする男性は、結婚してからも家計のことを考えず「俺の稼いだ金だから」と浪費し続けます。

 

お金のみならず、家族を放っておいて趣味に時間も費やします。

 

先に述べた家事もおろそかにする可能性が高いです。

 

何事も自分の欲を一番に優先する男性と結婚してはいけません。

 

 

 

普段、デートなどで外食をする際、店員さんに横柄な態度をとる男性がいますが、その態度は未来のあなたへの態度です。

 

結婚前にいくらあなたに優しくても、立場が上だと勘違いして誰かに横柄な態度をとる人間は信用出来ません。

 

このような男性は結婚した途端に豹変します。

 

 


「女はこうするべき」という男性も要注意です。

 

女性を自分の支配下に置きたがります。

 

夫婦に上下関係はあるべきではありません。

 

お互いが尊重し合えることが何より大切です。

 

喜びや悲しみを共感し合い、支え合う、思いやりを持つ。

 

普段からこのような関係を築けているか、今一度振り返ってみましょう。

 

 

 

いろいろと書き綴ってきましたが、まだまだ大切なことはたくさんあります。


結婚前にあなたが相手の男性に対して何か「嫌だな」と感じていること、気がかりなこと。

それらは結婚後、いずれ10倍にも100倍にも不満を感じることになります。

「結婚したら変わってくれるかも?」という幻想は捨てましょう。

相手に何らかの違和感を覚えているなら、その結婚はやめておいたほうが賢明です。

 

結婚は一生続く問題ですから、少しでも不安要素は取り除いておきましょう。

 

妥協して「私さえ我慢すれば、私さえ頑張れば」と結婚してしまうと、あなたに極度の負担がかかります。

 

行く着く先は「離婚」です。


そうならないためにも、しっかりと相手を見極めておきましょう。

 

もう一度言いますが、結婚は恋愛とは違います。

 

「愛があればお金なんてなくても幸せ」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、お金のことは結婚において最も大事な要素です。

経済的に少しでも不安があるのなら、結婚という選択肢は捨てた方が良いと思います。

それほどお金のことは重要です。

 

 

 

そして最後に一つ、大事なことを。

無事に結婚した方へ伝えたいこと。

預金の通帳は夫名義と妻名義のものに平等に同額貯金しましょう。

あなたが頑張って家計をやりくりして貯めたお金をすべて夫名義の通帳に預金してしまうと、万が一、離婚という結果になってしまった時に、そのお金はすべて夫に奪われてしまいます。

そうならないために、自分の名義の通帳にもしっかりと貯金しましょう。

 

 

今回はシビアな話になってしまいましたが、一人でも多くの女性が私のように結婚に失敗せず、幸せになれることを望んでいます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク