猫を見ながら酒を飲み日々思うこと

  日常思うこと、特にメンタル、親子関係、人間関係についてを綴っています。人生を豊かに楽しくすることを探求していきたいです。

スポンサーリンク

友達、恋人を必要としない私 中編 ~ソリタリー~

前回の記事はこちら

www.nekomizake.com

 

普通の人たちは友達を欲しがるのに、友達を必要としない私は何か異常があるのではないか?

と疑問を抱き続けていました。


しかし、最近「ソリタリー」という言葉を知りました。

きっかけは娘です。


私の娘は現在通信制の高校生ですが、とてもコミュニケーション力があり、学校でも生徒会のリーダーを務めており、学校での友人たちとLINEをする機会がとても増えていました。

ですが娘は最近、LINEをすることがとても苦痛に感じているようです。


娘は多趣味な子でバイトもしていますから、多忙な日々を送っています。

そんななかでのLINEのやり取りは、忙しい娘にとって負担になっていました。

私と同じく、基本的に一人で趣味を楽しむことが 好きな子ですから、気持ちはとても分かります。


そんな時、娘はふとインターネットで「友達 いらない」と検索して「ソリタリー」という言葉に辿り着きました。

 


「ソリタリー」とは、人との繋がりを求めず、一人でいることを好む人を意味します。

遺伝する性質もあるようです。


ソリタリーは他者から干渉されることを嫌い、友達を必要としません。

一人で時間を過ごすことを好みます。

他人と関わることに、それほど深い意味を見出すこともありません。


私も娘も「これだ!」と納得しました。

親子ともども、必要以上に友達を作ろうとせず、かといって人とコミュニケーションが取れないわけではありません。

遺伝的な要素もあるようですから、それが本当だとすると娘は私の性質を受け継いだのでしょう。

 

一般的な人は他者との繋がりを求め、友達と過ごすことを楽しみますから、私のようなソリタリーについては理解しがたいかもしれません。

家の外では普通にコミュニケーションを取りますから、「本当は一人を好んでいる」とは思われていないでしょう。


一人を好む、とはいっても、私と娘はよく会話もしますし、一緒に外出をしたりもします。

親子の関係が希薄なわけではありません。


ただ、家族以外の他人との関わりをあまり重要視していません。

とはいってもいわゆる「コミュ障」とも違います。

むしろ外では人と良好な関係を築こうと努力するタイプです。


ただ、学校なり職場なり、その場の付き合いのみで、それ以上深入りすることをあまり望んではいません。

しかし誤解しないでいただきたいのは、決して人間嫌いではないということです。

私の場合ですが、誰かと一緒にいる時は、それはそれでとても楽しんでいます。

でも家の中で過ごす一人の時間がないと苦痛に感じてしまうのです。

 

「外向型」の人と「内向型」の人、という区別をされることもありますが、私は「内向型」の人間です。

「外向型」の人は誰かと一緒に過ごすことで心のエネルギーを充電しますが、「内向型」の人は一人で過ごすことでエネルギーを充電します。

誰かと過ごしても楽しいのですが、疲れを感じてしまい、やはり一人でいることを好みますので、このあたりのことも(あくまでも私の憶測ですが)ソリタリーと何か関連する要素があるのかもしれません。

 

以上に挙げたことは、一般的には理解されがたいことかもしれませんが、「こういう人たちもいるんだな」くらいの認識で受け止めていただけると幸いです。

 

最近はインターネットのおかげで、今まで疑問に感じていたことを解決できる術が出来たので、大変便利な時代になったなぁ、と思います。

ソリタリーのことも調べることが出来ずにいたら、漠然とした不安を抱えたまま生きていくことになっていたので、私としては娘のおかげで知ることが出来てすっきりしました。


自分という存在について様々な疑問を抱いている人も多いかと思いますが、いろいろ調べてみると納得することがあるかもしれませんね。

 

続く

 

スポンサーリンク