猫を見ながら酒を飲み日々思うこと

  日常思うこと、特にメンタル、親子関係、人間関係についてを綴っています。人生を豊かに楽しくすることを探求していきたいです。

スポンサーリンク

常に負の感情を抱えている人

家庭や職場、学校などでこんな人はいませんか?


いつも不機嫌な顔をしている。

口を開けば人の悪口ばかり。

何かあるとすぐに怒り怒鳴り散らす。

不満ばかり言う。


これらのように、いつもマイナスの感情を表に出す人は、どこへ行っても一定数存在します。

このような人たちは常に負の感情を抱え、それを周囲に撒き散らします。


人の感情は良いことも悪いことも伝播しますから、身近に負の感情を抱いている人がいると、こちらまでなんとなく気分が悪くなってしまうものです。

決していい気分にはなりませんよね。


ですから、そのような人をなるべく怒らせないように、とびくびくしながら変に気を使わなければならない場面もたくさんあります。

これではその場の人間関係は円滑にすすみません。


しかし、この負の感情に支配されている人は、自分が周りの人たちを不快にさせているという自覚はまったくありません。

また、こういう人にかぎって、その場のボス的な存在に位置し、周囲の人たちを支配的に扱ったりすることが多いです。

そして自分は正しいと思い込んでいます。

 

人間誰しも負の感情は持ち合わせているものです。

私個人の考えですが、例えば家で家族に「今日会社でこんなことがあって」「学校で嫌な思いをした」などの愚痴を聞いてもらうのは構わないと思います。

むしろ家族の誰かに聞いてもらって気持ちが落ち着くことも多いです。

ただ、それを他人と関わる職場などで過剰に悪口や愚痴を言いすぎたりすると、相手を不快な思いにさせてしまいます。

そういうことを聞くと、「もしかすると自分も他で悪口を言われているのかもしれない」と考えてしまいますよね。

というより実際にそのようなことは多いです。

 

いつも負の感情を抱えている人を見ると、「一体、この人は何が楽しくてこんな態度をとったり怒鳴ったりするのだろう?」と疑問を感じてしまいます。

恐らくこういう人たちは、決して幸せではないのだろうなぁ、と思ってしまうのです。

大変気の毒に思いますし、ある意味、哀れな人だなぁ、とも思います。


果たしてこういう人たちは、悪口を言い続けて楽しんでいるのか?

怒鳴り散らしてすっきりしているのか?

なんの罪悪感も自覚もなしに、周囲に不愉快な思いをさせて愉快なのか?

疑問ばかりが浮かんできます。

 

私から見ると、そのような人たちは不幸にしか見えません。


他人様に対して「かわいそう」という言葉を使うのは上から目線ですし、好みではないのですが、こういう場合に関しては「かわいそうな人だなぁ」と哀れに感じます。


私でしたら、ずっと人の悪口を言い続けていたら、むしろ苦痛になってくると思いますし、怒りの気持ちを表に出してしまったら罪悪感を覚えてしまいます。

何より人を不愉快にさせて自分が嫌われたくないので、怒ったり怒鳴ったりも出来ません。

ですので、負の感情を撒き散らしている人を見ると不思議で仕方ないのです。

 

そのような人からは距離を置くのが一番なのですが、どうしても、特に家庭や職場などでは避けられないことがたくさんありますよね。

そういう時は、


「あぁ、この人はとてもかわいそうな人なんだなぁ」


くらいに思って軽く受け流すしか、とりあえずの方法としては無いと思います。


まともに付き合っても良いことは一つもありません。

 

そもそも、こちらが不快に思ったところで、原因となる相手はこれっぽちも気にしていませんから、こちらも深く考える必要はないのです。

傷つくだけ損ですね。


相手は周りを不愉快にしている自覚など持ち合わせていません。

そんな人間の言動に振り回される必要はありません。

 

それにしても、やはり私からするとそのような人たちは不思議で仕方ないです。

恐らくその人がそのような性格になってしまった経緯も事情もあるのでしょうが、だからといって、人を傷つけていい理由にはなりません。

 

私自身も負の感情が芽生えることはたくさんありますが、それを周囲に振りまかないよう、気を付けていきたいと思います。

 

スポンサーリンク