猫を見ながら酒を飲み日々思うこと

  日常思うこと、特にメンタル、親子関係、人間関係についてを綴っています。人生を豊かに楽しくすることを探求していきたいです。

スポンサーリンク

「給食完食」を目指していた教師の不思議

娘が小学校中学年の担任の教師なのですが、何か特別なこだわりがあったらしく、毎日のように「クラス全員で給食を完食する」を目標にしていました。

毎週クラスに配られるプリントには、「今週も全員で完食できませんでした」との一文が必ずといっていいほど書かれていました。


私が小学校の時代からありましたね。

「給食は残さず食べよう!」という悪習。

給食を完食するまで残されて、全部食べ終わるまで許されない。

午後の授業が始まっても、食べられない子は授業を受けさせてもらえず、机の上に給食のトレイが乗せられたまま。

その子は泣きながら、無理やり給食を食べさせられている。

幸い、私はそこまでする教師が担任になったことはありませんでしたが、こういう話はよく耳にしていました。


なぜそこまでして「完食」にこだわるのでしょうね?

誰にでも好きな食べ物、嫌いな食べ物はあります。

人それぞれ食べる量も違えば、食べるスピードも違います。

特に学校の給食の時間はとても短く、時間内で食べきることが難しい子もいるでしょう。

どうしても苦手で食べられないものもありますし、毎日、完食を目指すのは現実的な話ではありません。

ましてやそれをクラス全員でなんて、ほぼほぼ不可能です。


確かに、生き物や作ってくれた人たちに感謝をし、残さず食べることは良いことだと思います。

私も料理をしますから、やはり残さずに「美味しかった」といって食べてもらえると、とても嬉しいものです。

家庭では家族の好き嫌いをある程度考慮しながら作りますし、苦手な食材の場合は、少しでも食べやすいように・・・、などの工夫が出来ます。

それでも、どうしても食べられないものを無理強いはしませんし、強引に食べさせても、かえって苦手意識が高まり、逆効果な場合が多いです。

子どもの頃に苦手でも、大人になって食べてみると意外と「美味しい」となることもありますよね。


しかし、学校での給食は、そんなことはお構いなしに「とにかく完食」を強要されます。

「食べる」という行為は、個人差がとても大きいものです。

生まれつき少食な人や、たくさん食べられる人。

食べるスピードが速い人や、ゆっくりのんびり食べる人。

好き嫌いが少ない人や、苦手なものが多い人。

本当に人それぞれです。

また、その日の体調によって、食べられる量も変わってきます。
具合の悪い日は、食欲がわかなくて当然です。


泣きながら無理やり食べさせられた子は、給食の時間に恐怖を感じてしまい、学校へ通うこと自体が苦痛になってしまいます。

トラウマになります。

そこまでして完食しなければいけない理由とはなんなのでしょうか?

いくら教師とはいえ、子どもをそこまで傷つける権利はありません。
あってはなりません。


今は苦手で食べられないかもしれないけど、大きくなったら食べられるようになるかもしれない。

このように子どもの成長を見守る余裕はないのでしょうか?

完食を強要してくる教師は、好き嫌いが一切ないのでしょうか?

いつどんな時でも、残さず食べることが出来るのでしょうか?


本来なら楽しいはずの「食事」を苦痛に思わせないでほしい。

子どもを傷つけないでほしい。

子どもにトラウマを植え付けないでほしい。

こんな悪習は出来る限り早くなくなってほしい。

心の底からそう思います。

 

ちなみに、娘の担任の教師ですが、4年生も終わる最後のプリントに、

「一度も全員で給食を完食出来ませんでした。こんなことは初めてです」

と書いていました。

今思えば、何がこの教師をここまで完食にこだわるようにしたのか、とても不思議で、いまだに謎ですし、理解できません。

 

スポンサーリンク