猫を見ながら酒を飲み日々思うこと

  日常思うこと、特にメンタル、親子関係、人間関係についてを綴っています。人生を豊かに楽しくすることを探求していきたいです。

スポンサーリンク

趣味にかけるお金は無駄遣い?

人それぞれ色々な趣味や興味のあるものにお金を使っていると思います。
ファッションやコスメ、ゲームやアニメや漫画、スポーツやジム通い、読書、アイドル、料理、手芸、カフェ巡り、プラモやクラフト、などなど・・・。
ここでは挙げられないほど様々なジャンルがあります。

自分の好きなことにお金をかけるのは楽しいですし、そのためにバイトや仕事を、時には辛いこともありながら頑張ってお金を稼ぎます。

ところが、これを否定してくる人がいます。

「そんなことに無駄遣いして」
「そんなことにお金を使うぐらいなら、美味しいご飯でも食べたほうがマシ」

いえいえ、好きな人にとっては「そんなこと」ではないのです。
本人にとっては、とても大切で楽しいことなのです。生きがいですらあるのです。

特にオタク趣味のジャンルはなにかと否定されがちですよね。
「いい歳をして、そんなものにお金をかけて」と。

ギャンブルや犯罪のような他人様に迷惑をかけるものでないかぎり、どんな趣味を持とうが何を好きになろうが個人の自由です。
それにお金をかけるのは、「無駄遣い」ではなく、むしろ自分の楽しみに費やす「有意義な出費」なのです。

価値観は人それぞれですから、他人の趣味を理解しろ、という気はありません。
確かに自分に興味のないものに、他人がそれにお金を使っていると「もったいないな」「無駄だな」と感じるかもしれません。
ただ、人によってお金をかけるものが違うので、それを周りがとやかく口を出すべきではありませんし、肯定も否定もしなくていいので、ただ放っておいてほしいと思います。

そもそも趣味だけではなく、何かにお金をかけることに無駄ということはありません。

もしもそれを無駄だとするならば、究極を言うと全てが無駄です。

生まれたものはいずれ必ず死を迎えます。
それでも生きていくために生き物を殺して食べる。いずれ死ぬのに。
生活のために一所懸命に働く。いずれ死ぬのに。
教養や知識を増やすために頑張って勉強する。いずれ死ぬのに。

どんなことをして生きていこうが、人生終わりを迎えます。
生きていく上で何かを無駄とするなら、生まれてくること自体が無駄と言えます。
どのような生き方を、お金の使い方を選択していこうが、最後は死んでしまうんです。

極端な例を出してしまいましたが、こういうことです。

それならば、一度きりの人生、好きなことをして生きていったほうが幸せです。
趣味にお金を使うのが、その人にとって楽しいことであれば、決して無駄なことではないのです。
(生活に支障をきたしたり。家族や他人様に迷惑をかけたり、借金をしたりしてまで、というのは論外ですが)

趣味や好きなことは、人生をとても豊かにしてくれます。
生きていく上で「楽しい!」と思えることは、とても重要なことです。
嫌いなことや苦手なものが多いよりも、好きなものが多いほうが断然生きることを楽しめます。
それを「無駄」と済ませるのは、とてももったいないことだと思うのです。

十人十色とは言いますが、人それぞれ興味のあるものは違います。
どのようなジャンルのものにお金をかけるかは、個人の自由です。

「無駄遣い」などと言わず、いろいろと好きなものを増やして、豊かな人生にしたいですね。

 

 

結論:趣味にかけるお金は無駄ではない!

スポンサーリンク