猫を見ながら酒を飲み日々思うこと

  日常思うこと、特にメンタル、親子関係、人間関係についてを綴っています。人生を豊かに楽しくすることを探求していきたいです。

スポンサーリンク

子どもの夢と大人

子どものころ、「将来の夢」ってありましたか?

大人たちに「大きくなったら何になりたい?」とたずねられたこと、ありますよね。
よくあるのは、「アイドルになりたい」「スポーツ選手になりたい」「ケーキ屋さんになりたい」「パイロットになりたい」などなど。
幼稚園や保育園のころは子どもが夢を語っても大人も微笑ましく思ってくれていました。
小学校の卒業文集などでも将来の夢について書かされたことがある人も多いと思います。

ところが・・・。

中学生になった途端に親や教師たちの態度は一変します。
「いい高校、大学へ行くために勉強しろ!」
「夢みたいなこと言ってないで勉強しろ!」
「真面目に学校生活を送り受験に受かるために勉強しろ!」

・・・もう、勉強勉強ってうるさーい!
挙句の果てには、高校受験に失敗したら人生終わり、みたいな脅しをかけられる。

いや、勉強すること、学ぶことはとても大事ですよ。そこは分かります。
知識や教養は人生を豊かにするものですから。
でもその勉強が、純粋に学ぶ楽しさを身に着ける、というより受験合格が目的になってしまっている。

そんな時期に子どもが「アイドルになりたい」「漫画家になりたい」などと夢を語っても、大人たちは許してくれない。とにかく「勉強しろ」の一辺倒。それはすべて「将来、いい会社に勤められるように」。そこに子どもの夢が入る余地はありません。

例えば子どもが「役者になりたい」と言ったとしましょう。大抵の大人の反応はこうです。
「お前なんかがなれるわけない」
「世の中そんなに甘くないぞ」
「夢なんてみていないで、将来は真面目に働け」
でも実際には役者として生きている人も大勢いるわけで、その夢を語った子が役者になれる可能性は大いにあります。その子が役者になたっていいじゃないですか?

なぜ大人たちは子どもの夢をつぶしてしまうのか?
なぜ出来ないと決めつけてしまうのか?
なぜ子どもの意思を尊重しないのか?

一度きりの人生、好きなことを追いかけてもいいじゃないか、と私は思うのです。
子どもの持っている才能を活かし、それを応援するのが大人の役割だと。

私自身、親に夢をつぶされてきた人間です。
結果、大人になった今、平凡どころか何の取り柄もない平凡以下の人間になってしまいました。
だから娘には同じ人生を歩んでほしくない。
娘には大きな夢があります。
私はそれを全力で応援したいです。
好きなことを追いかけて、人生を楽しんでほしい、と心の底から思います。

世の中の大人たちに伝えたい。
輝かしい未来がある子どもの夢をつぶさないでください。
子どもの興味のあることを遮らないでください。
子どもの好きなことを応援してあげてください。

どうかみんなの夢が叶いますように・・・。
私の切なる願いです。

スポンサーリンク