猫を見ながら酒を飲み日々思うこと

  日常思うこと、特にメンタル、親子関係、人間関係についてを綴っています。人生を豊かに楽しくすることを探求していきたいです。

スポンサーリンク

料理と女性

若い女性に料理を作らせて失敗する人を、スタジオのおじいさんたちがバカにしたように笑う某番組のコーナー。
まあ、一言で表現すると悪趣味だなあ、というのが私の感想です。

いつの時代も「料理は女性がするもの」という感覚は抜けきらないのでしょうか?

そういう私も中高生のとき家庭科は女子のみ、出席番号も男子が先、女子が後、という今では考えられない恐ろしい時代を生きてきた人間です。
教育の現場で性差別が平気で行われていたと思うとゾッとしますね。
女子だけが料理や裁縫を学校で教わる。若いころから「家事は女性の役割」という洗脳を受けてきたのです。

現代では一応、男女ともに家庭科を教わり、出席番号も男女混合になっていますが、それはあくまでも「建前」。
日常生活ではやはり女性が料理の役割を担っているのがほとんどではないでしょうか?

古い教育を受けてきた私たち世代が親になり、その古い価値観を持ったまま子どもに接する。夫婦共働きでも食事の用意をするのは「お母さん」。今の若い世代もそういう家庭で育っていることが多いので、いつまでも「料理は女性の役割」という固定観念から抜け出せないわけです。

女性向けの雑誌やネットを見ていても、「彼に作ってあげたいご飯」「夫が喜ぶご飯」など、もう平成も終わろうという時代になってもこのような女性への洗脳が続いていることに驚きます。

いえ、女性が料理をすることについては否定はしません。
食べることは生きることに繋がる。料理はとても大切なことです。
大切な人に料理を作って「美味しい」と言ってもらえたらとても嬉しいです。素晴らしいことだと思います。

ただ、女性だというだけで「料理は出来て当然」と「当たり前」だと思われるのが辛いんです。

某番組のおじいさんたちへの不快感はそこなんですよね。
あなたたちに聞きたい。あなたは自分で料理が出来るのですか? と。
すべて奥様にやってもらって自分では出来ないのに、出来ない若い女性を笑える立場にあるのですか? と。

とまあ、いろいろと私の勝手な考えを書き連ねてきましたが、私は料理が好きです。特にお酒のおつまみを作るのは大好きです(笑)
食い意地がはっているので、どうせ食べるなら少しでも美味しいものを食べたい、という欲でいろいろレシピを見て勉強して料理をする毎日です。
ただ、それを「女だから出来て当たり前だろう」と言われるとカチンときます(笑)
私は好きで料理をしていますが、もちろん女性でも料理が好きじゃない、苦手だという人も当然います。

何事においてもそうですが、〇〇だから出来て当然、という考えは誰も幸せにならないし楽しくないと思うのです。
性別で役割を押し付けない。出来ることは尊重し、出来ないことは補い合う。
そんな風になったらみんなが幸せに楽しく生きていけるのではないのかな? と思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク